それぞれ状況に合った業務用エアコンの探し方

業務用エアコン

業務用エアコンを選ぶ際、使用する用途によってポイントがあります。事務用は、エアコンの風が直接当たらないようにすることが重要です。また、高い省エネも必要です。商店物販用は人の出入りが多い場所なので省エネ性な機種が重要です。経費削減に効果的です。風向きも調節でき、お客様や商品に直接風が当たらない機種がいいです。お店の雰囲気などを壊さない見栄えも重要です。ビル用は、高効率先進マルチという省エネ効果の高い機種です。幅広く対応するため中小ビルから大規模ビルまで対応しています。工事用は、高天井対応の大型空調や新鮮な外気を取り入れる床置きダクトがおすすめです。食品工場では細かく温度調節ができ、空気を清潔に保てるユニット付を選ぶのもポイントです。学校や教育施設用は、学習に邪魔にならないものを選ぶのが必要です。生徒や幼児がいたずらや誤操作を防ぐため温度制限屋操作ロックも重要です。

業務用エアコンを用途で選ぶ方法を教えます

業務用エアコンは選び方が家庭用エアコンと違い難しい部分があります。プロに任せることもできますが、任せる前に必要なポイントを知っておくことも重要です。業務用エアコンは高価な買い物です。業務用エアコンは家庭用エアコンに比べ耐久性に優れています。機能はシンプルです。長時間稼働するため負担も大きくなっています。馬力も必要とされる能力です。オフィスなどの広い空間で使用するには大きな力が必要なので馬力はとても重要になります。工場などで使われている業務用冷蔵庫と同様の動力の三相3様式も必要です。面積に合わせて選ぶのもポイントです。設置する場所の広さによって空調にかかる負荷が違います。空調負荷によって選定するエアコンの能力や馬力が変わります。適合能力を決める際、業種や床面積から概算の空調負荷を計算することができます。ただし、実際には部屋の人員や照明など室内の環境によって計算する必要があります。

業務用エアコンを選んで得するポイント

業務用エアコンを選び際のポイントです。部屋の広さと用途を検討することです。また、部屋の形状や設置環境なども考えた方がいいでしょう。室内機や室外機の設置場所も決める必要があります。設置場所付近に障害物や気流の広がりなどメンテナンス性を考慮します。機種は様々あります。業務用エアコンは本体を天井内に埋め込むものや天井カセット型など様々です。業務用エアコンはこのような機種選定が重要となります。形状別のメリットやデメリットとなる特徴を知ることもポイントです。部屋の環境や形状に合わせて選定したり台数、配置を考察します。適切な場所に設置しないと故障の原因になります。ムラなく快適な環境にすることも必要です。複数の部屋でエアコンを設置する際、マルチ運転が出来る機種を選びます。室外機1台で室内機4台まで同時に使用でき運転できます。広い部屋や複数の室内機を分散することでムラなく快適な環境・空間を作ります。